虫歯にならない為には

| コメント(0) | トラックバック(0)


 

お母さんなら、妊娠中に歯がぼろぼろになった経験ありませんか?
私は、次男の時がひどかったです。ちょうど、イギリスに住んでいたので、
現地の評判の良い歯医者さんを見つけて、通いました。

治療が終わって、しばらくすると、チェックに来るようにお手紙が。。。その後も半年おきに、見せに来るように手紙が来ました。これは、とても良い習慣になって、以来、家族みんな、ボーナスを頂くと歯医者さんに歯を見せに行くようになりました。

歯医者さんに行くと、最近は、予防を教えるのもお仕事らしく、磨き方や、歯間ブラシの使い方や、フロスの使い方も教えてくれます。
最初、めんどくさいなぁ。。と思っていたのですが、やっていないと6か月チェックですぐバレるので、ちゃんとやるようになりました。そのうち、ちゃんとブラシやフロスしないと気持ち悪くて眠れないほどになりました。

歯医者さんに置いてある、キシリトールのガムも良いそうです。口の中の悪玉菌を善玉菌に変えてくれるそうです。市販のお菓子のキシリトールガムは、キシリトール100%ではないので、やはり、歯医者さんに置いてあるのを、買った方よいみたいです。

また、食事の時に、ゆっくりたくさん噛むことも大事です。唾液は、歯の小さな傷を修復してくれる働きがあります。ちょっと固い食材をお料理する時に入れると、たくさん噛むことが自然にできますね。

普段の生活を見直すと、虫歯になりにくくなります。虫歯は生活習慣病と言えるかもしれません。

あわせて読みたい投稿



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inalife.net/mt-tb.cgi/40

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、lifegoodが2013年2月 6日 10:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ファミレスのおすすめメニュー」です。

次のブログ記事は「ラジオ体操で健康習慣」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。