毛穴の開きを元に戻す!

| コメント(0) | トラックバック(0)

  
鏡を見るたびに、ため息が出てしまいます。
その原因は、何と言っても毛穴です。
顔の筋肉も、身体と同様、重力に屈服しつつあるのかなあ。

毛穴、というものは一度大きくなったら、小さくはならないそう。
大事なのは、毛穴の周りのきめをちゃんと整えているかどうか。

先日、友達と足利にある日帰り温泉に行ってみた。私よりひとつ上の彼女は、とにかく肌が綺麗。一緒にお風呂に入ると、同性であるが、じーっと見てしまう。ヨコシマな気持ちではなく、嫉妬の羨望目線でね。
とりあえず、湯船につかる前に、お決まりで全身を洗うのだが、シャワーを勢いよく顔からぶっかける私に、「こらーっ」とお怒りなさる。

これ、絶対NGだそうですよ。とにかく、優しく泡立てた石鹸で洗う。優しくすすぐ。が基本だそうな。
毛穴のまわりは火山の火口のようになっているので、それを刺激しないようにするのが、毛穴を目立たなくするコツだそうだ。反省しました。もう何十年もシャワーぶっかけでしたから。

台湾のモデルに、リン・チーリンという方がいますが、彼女は、朝晩の洗顔の際に、眉間からこめかみに向かって強くマッサージ・頬骨を手のひらで上へぐっと押す・顎の骨を左右、上へ向かって強くマッサージ、、、というのを、お母様から躾けられて、子供のころからずーっとやっているそうだ。

上海に住んでいた時、韓国の「骨気(こるぎ)マッサージ」というのが大流行だったが、まさにリンさんのマッサージそのものだ。

毛穴が、重力に引っ張られて、涙型になるのは、顔の骨を引き上げることで、防ぐことができる。しかも、小顔になって、一石二鳥。習慣にするまでが大変だけど、一度してしまったら、鏡を見ても、来年はため息つかずに済むかも知れません。


 


あわせて読みたい投稿



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inalife.net/mt-tb.cgi/26

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、lifegoodが2013年1月12日 22:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人間ドッグの選び方」です。

次のブログ記事は「牡蠣のレシピ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。